わたしらしさ~撮影の現場から~

タグ:プロソフトンB ( 1 ) タグの人気記事

「ふんわりかわいく」桜を撮ろう。メジロも撮ろう。②プロソフトン編




間を空けると続かない…が定説のナホです(笑)

なので、
今日も昨日に引き続き「ふんわりかわいく」桜を撮ろう。メジロも撮ろう②プロソフトンAB編
書こうと思います。
人生大切なのは「気合い」と「根性」ですよね( ̄▽ ̄)




今回のプロソフトンには薄枠タイプの(AW)と効果の弱い(A)効果の強い(B)があるわけです。
まずはケンコーのサイトから確認してみましょう。










特徴をみてみると
特殊コーティングと、非常に微細な特殊効果加工
②超広角レンズで絞り込んで撮影しても模様ムラが出ない。
③光のにじみが美しいなめらかなソフト効果
が3パターン共通です。
更に付け加えると…
④AWタイプの効果はほぼAタイプと同じといえます。
じゃあ、どこがAWとAは違うのよ?という疑問でますよね。
これは、⑤AWは薄枠でコーティングがちがう(高級)という違いです。
使い方としては、NDフィルターやクロスフィルターの重ね付けには適しているといえます。
⇒2枚重ねると出がちな「ケラレ」(画像四隅に黒い影が映りこむ)の心配がなくなるという利点もあるわけです。
今回はAとBの作例比較になるため、AWとAの違いについてはまたの機会に。





それでは、作例をまずはみてみましょう。
前回にも載せた「フィルターなし」の桜から。


①撮ったまま
c0365350_23060254.jpg
②lightroomレタッチ
c0365350_23162533.jpg

③lightroomレタッチ
c0365350_23233123.jpg

撮ったままの画像比較のみでもいいのですが、多くの方が少なくても露出補正はやトリミングはしていらっしゃるのではないでしょうか。
レタッチは必ずある程度は加えるという方もたくさんいらっしゃいました。(CP+)
レタッチは最小限で「ゆるふわ作品レベル」の撮影を簡単に楽しめるのが「フィルター力」ではないかなとおもっています。



ソフトンAの画像からみていきましょう。


①撮ったまま
c0365350_21594940.jpg

②lightroomレタッチ
c0365350_22005987.jpg



フィルターなし・前回のデュートの桜と比べていかがでしょうか。
画像の固さが「ふんわり」と「やわらかく」変わったことに驚かれたのではないでしょうか。
センター下にいる男性の姿も桜の雰囲気の中にすっぽりと溶け込んで一体感も感じられるとおもいます。
男性の頭部から肩にかけての光のラインも綺麗。絵画チックな仕上がりになってきます。




③撮ったまま
c0365350_22140213.jpg
c0365350_22154488.jpg





④露光量をプラスして
c0365350_22191233.jpg
c0365350_22264814.jpg



⑤順光撮ったまま
c0365350_22265940.jpg
c0365350_22272255.jpg


CP+のイベントでも桜を撮りたいという女性のお客様から
「これこれ、こんな感じ!で撮りたい」との声をいただきました。








では。メジロはどうでしょうか。





⑥撮ったまま
c0365350_22273794.jpg
c0365350_22283492.jpg





メジロに関しては「メジロをどう撮りたいか」
ここから始まりここにいきつくのではないでしょうか。お花と同じようなやさしいふんわりとしたイメージに仕上げたいのならば
ソフトンAの仕上がりは良いとも言えます。
ただ、この時の私の気持ちの中でイメージしていたメジロは「もっとくっきりはっきり」だったのですよね。


桜はふんわり。
メジロはくっきり。


それをソフトフィルターで求めるのは無理なのでしょうか。
ソフトンスペックやブラックミスト・ローコントラストの作例をおまちくださいね。





今回は70-200ミリのレンズでの撮影でした。
昨日のデュート編でも書いた『お店でのやり取り』の話に戻ります。

漠然とソフトフィルターをつかってみたくてお店に行った。
店員さんに効果のつよさのわかるものをと伝えたところ
「ソフトンB」を薦められ、それを使い始めた。
⇒使ってみると効果が強すぎた。


ソフトンABのどちらを選ぶかという時に「レンズの焦点距離」で選ぶという方法もあります。


広角レンズ⇒効果の強いBタイプ
望遠レンズ⇒効果の弱いAタイプ
という選び方です。






それではまずプロソフトンBの作例をみてみましょう。
プロソフトンAの作例と見比べてみてください。


プロソフトンB 撮ったまま
(逆光)


c0365350_23061397.jpg
c0365350_23061346.jpg
c0365350_23061460.jpg
c0365350_23061420.jpg



(順光)
c0365350_23061568.jpg



(メジロ順光)

c0365350_23061694.jpg

c0365350_23061261.jpg
上の画像をみて「モヤモヤ感強いなー」レタッチでシャープきかせたいなー。
カスミの除去すればいいかー。と思われた方!

シャープ⇒きかない。かわらない。
カスミの除去⇒例えば(大袈裟ですが)+70にすると
こうなります

c0365350_23061991.jpg



まとめると。。。

①やはりプロソフトンBだと効果がかなり強くなります。
広角から望遠までレンズはいろいろ使いたい。
被写体もお花・風景・夜景・星景・ポートレートと多岐にわたる場合。
わたしだったら、プロソフトンAをおススメします。
まずはAで効果を試されてからBの選択を検討するのがいいのではないかなとおもいます。

②重ね付けを考えられるなら薄枠タイプのAWだと無難です。ケラレが出た場合
トリミングで対応可能であるなら、Aタイプでいいのではないでしょうか。

③レタッチに関しても。
シャープがきかなかったり、カスミの除去をすると「にごり」がでます。
今回は効果を強めにみていただきたかったので+70はしているのですがわたしは
シャープは使わないな。

④ソフトンAを使った画像に「明瞭度」を下げてみると・・・



撮ったまま

c0365350_21594940.jpg


明瞭度 -50
c0365350_07521777.jpg




プロソフトンAをよりふわふわにするのはできる!ようなので
やはりまずは…広角でも望遠でもプロソフトンAをつかってみて調整を「足す」方向で(よりふわふわに)
試してみるのがいいとおもいます。





まだまだ勉強中。
ソフトフィルター使っていらっしゃる方ご興味ある方。
お悩みの方。
どうぞどうぞお気軽にコメント・メールくださいね♡

ここが交流と勉強の場になればいいなとおもっています





次回は…下向き「ソフトンスペック」にするか、アゲアゲ「フォギー」にするか
悩み中なのでした( ̄▽ ̄)



今日は江の島古民家でCP+でも、モデルさんとしてたくさんご協力いただいたKIHOさんの撮影会にいってまいりまーーす!




















































[PR]
by nahoneige | 2017-03-05 07:06 | ソフトフィルター | Comments(0)