わたしらしさ~撮影の現場から~

ブラックミストLOVEなポートレート撮影




昨日は江の島古民家でのphotolino撮影会に行ってまいりました。
主宰のKIHOさんは何度も撮らせていただいてる信頼できるモデルさん。
今回持って行ったフィルターはCP+で発表された新製品フィルター!とデュートとブラックミスト。
どの作品にどのフィルターを使ったかはラストにお知らせしましょう。

新製品フィルターはこれからの4K・8K時代のためのフィルターであります。
どういうこと?
といえば、くっきりはっきりの解像度めーっちゃ高くなる映像の世界に投石
「いかに女性の肌を綺麗に魅せるか」
ここにポイントをもっていっているフィルターです!
女優さんによっては「自分オリジナル」のフィルターを持っている方もいらっしゃるとか。
「綺麗に撮られる」ことを嫌がる女性なんていないはず!
ポートレート撮影になくてはならないフィルターになるんじゃないかしらと思っています。

フィルター効果(ソフト効果)を具体的に8分の1、4分のⅠ、2分のⅠと段階を与えて得ることができるというもの。
CP+では既存のフィルターと比較して作例展示もしましたが、新製品に興味津々の方たくさんいらっしゃいました。
(その時の全作例比較はまた別の機会に改めて記事にまとめます。)




c0365350_20215813.jpg

c0365350_20223295.jpg

c0365350_20231642.jpg

c0365350_20234520.jpg

c0365350_20242914.jpg

c0365350_20250302.jpg

c0365350_20475443.jpg



使用フィルターは①②③は新製品。
④⑤⑥⑦はブラックミストになります。
加工は新製品のほうはトーンカーブで若干調整。ブラックミストは露光量をいじったくらいのものになります。
ブラックミストはCP+でポートレート撮影をしていらっしゃるカメラマンさんに使っているかたが多かったのが
印象的。
私も実はブラックミスト大好きなんですよね。
ふわふわしすぎず。それでいてアンニュイな空気感をもたせることができる。
そんな風に感じていますがいかがでしょうか。



細かな設定その他諸々なにかありましたらコメントもしくはメッセージお待ちしています。
今回の撮影のお写真は順次インスタグラムに投稿していきます。
もしよかったらフォローしてくださいね!(@nahoneige)





次回は桜とメジロ~フォギーのお話の予定です( ̄m ̄〃)






P.S. あ。デュートは持って行ったのですけど今回UPの中にはなかったなー(;'∀')



[PR]
# by nahoneige | 2017-03-06 21:12 | PORTRAIT | Comments(0)

「ふんわりかわいく」桜を撮ろう。メジロも撮ろう。②プロソフトン編




間を空けると続かない…が定説のナホです(笑)

なので、
今日も昨日に引き続き「ふんわりかわいく」桜を撮ろう。メジロも撮ろう②プロソフトンAB編
書こうと思います。
人生大切なのは「気合い」と「根性」ですよね( ̄▽ ̄)




今回のプロソフトンには薄枠タイプの(AW)と効果の弱い(A)効果の強い(B)があるわけです。
まずはケンコーのサイトから確認してみましょう。










特徴をみてみると
特殊コーティングと、非常に微細な特殊効果加工
②超広角レンズで絞り込んで撮影しても模様ムラが出ない。
③光のにじみが美しいなめらかなソフト効果
が3パターン共通です。
更に付け加えると…
④AWタイプの効果はほぼAタイプと同じといえます。
じゃあ、どこがAWとAは違うのよ?という疑問でますよね。
これは、⑤AWは薄枠でコーティングがちがう(高級)という違いです。
使い方としては、NDフィルターやクロスフィルターの重ね付けには適しているといえます。
⇒2枚重ねると出がちな「ケラレ」(画像四隅に黒い影が映りこむ)の心配がなくなるという利点もあるわけです。
今回はAとBの作例比較になるため、AWとAの違いについてはまたの機会に。





それでは、作例をまずはみてみましょう。
前回にも載せた「フィルターなし」の桜から。


①撮ったまま
c0365350_23060254.jpg
②lightroomレタッチ
c0365350_23162533.jpg

③lightroomレタッチ
c0365350_23233123.jpg

撮ったままの画像比較のみでもいいのですが、多くの方が少なくても露出補正はやトリミングはしていらっしゃるのではないでしょうか。
レタッチは必ずある程度は加えるという方もたくさんいらっしゃいました。(CP+)
レタッチは最小限で「ゆるふわ作品レベル」の撮影を簡単に楽しめるのが「フィルター力」ではないかなとおもっています。



ソフトンAの画像からみていきましょう。


①撮ったまま
c0365350_21594940.jpg

②lightroomレタッチ
c0365350_22005987.jpg



フィルターなし・前回のデュートの桜と比べていかがでしょうか。
画像の固さが「ふんわり」と「やわらかく」変わったことに驚かれたのではないでしょうか。
センター下にいる男性の姿も桜の雰囲気の中にすっぽりと溶け込んで一体感も感じられるとおもいます。
男性の頭部から肩にかけての光のラインも綺麗。絵画チックな仕上がりになってきます。




③撮ったまま
c0365350_22140213.jpg
c0365350_22154488.jpg





④露光量をプラスして
c0365350_22191233.jpg
c0365350_22264814.jpg



⑤順光撮ったまま
c0365350_22265940.jpg
c0365350_22272255.jpg


CP+のイベントでも桜を撮りたいという女性のお客様から
「これこれ、こんな感じ!で撮りたい」との声をいただきました。








では。メジロはどうでしょうか。





⑥撮ったまま
c0365350_22273794.jpg
c0365350_22283492.jpg





メジロに関しては「メジロをどう撮りたいか」
ここから始まりここにいきつくのではないでしょうか。お花と同じようなやさしいふんわりとしたイメージに仕上げたいのならば
ソフトンAの仕上がりは良いとも言えます。
ただ、この時の私の気持ちの中でイメージしていたメジロは「もっとくっきりはっきり」だったのですよね。


桜はふんわり。
メジロはくっきり。


それをソフトフィルターで求めるのは無理なのでしょうか。
ソフトンスペックやブラックミスト・ローコントラストの作例をおまちくださいね。





今回は70-200ミリのレンズでの撮影でした。
昨日のデュート編でも書いた『お店でのやり取り』の話に戻ります。

漠然とソフトフィルターをつかってみたくてお店に行った。
店員さんに効果のつよさのわかるものをと伝えたところ
「ソフトンB」を薦められ、それを使い始めた。
⇒使ってみると効果が強すぎた。


ソフトンABのどちらを選ぶかという時に「レンズの焦点距離」で選ぶという方法もあります。


広角レンズ⇒効果の強いBタイプ
望遠レンズ⇒効果の弱いAタイプ
という選び方です。






それではまずプロソフトンBの作例をみてみましょう。
プロソフトンAの作例と見比べてみてください。


プロソフトンB 撮ったまま
(逆光)


c0365350_23061397.jpg
c0365350_23061346.jpg
c0365350_23061460.jpg
c0365350_23061420.jpg



(順光)
c0365350_23061568.jpg



(メジロ順光)

c0365350_23061694.jpg

c0365350_23061261.jpg
上の画像をみて「モヤモヤ感強いなー」レタッチでシャープきかせたいなー。
カスミの除去すればいいかー。と思われた方!

シャープ⇒きかない。かわらない。
カスミの除去⇒例えば(大袈裟ですが)+70にすると
こうなります

c0365350_23061991.jpg



まとめると。。。

①やはりプロソフトンBだと効果がかなり強くなります。
広角から望遠までレンズはいろいろ使いたい。
被写体もお花・風景・夜景・星景・ポートレートと多岐にわたる場合。
わたしだったら、プロソフトンAをおススメします。
まずはAで効果を試されてからBの選択を検討するのがいいのではないかなとおもいます。

②重ね付けを考えられるなら薄枠タイプのAWだと無難です。ケラレが出た場合
トリミングで対応可能であるなら、Aタイプでいいのではないでしょうか。

③レタッチに関しても。
シャープがきかなかったり、カスミの除去をすると「にごり」がでます。
今回は効果を強めにみていただきたかったので+70はしているのですがわたしは
シャープは使わないな。

④ソフトンAを使った画像に「明瞭度」を下げてみると・・・



撮ったまま

c0365350_21594940.jpg


明瞭度 -50
c0365350_07521777.jpg




プロソフトンAをよりふわふわにするのはできる!ようなので
やはりまずは…広角でも望遠でもプロソフトンAをつかってみて調整を「足す」方向で(よりふわふわに)
試してみるのがいいとおもいます。





まだまだ勉強中。
ソフトフィルター使っていらっしゃる方ご興味ある方。
お悩みの方。
どうぞどうぞお気軽にコメント・メールくださいね♡

ここが交流と勉強の場になればいいなとおもっています





次回は…下向き「ソフトンスペック」にするか、アゲアゲ「フォギー」にするか
悩み中なのでした( ̄▽ ̄)



今日は江の島古民家でCP+でも、モデルさんとしてたくさんご協力いただいたKIHOさんの撮影会にいってまいりまーーす!




















































[PR]
# by nahoneige | 2017-03-05 07:06 | ソフトフィルター | Comments(0)

「ふんわりかわいく」桜を撮ろう。メジロも撮ろう。①デュート編



あたたかくなってきたのはいいけれど、花粉症がやだなーーー
とおもっているナホです。
今日は電車の車内の向かい側のおじさまと同時に大きなくしゃみを
してしまい。なんか親近感( ̄▽ ̄)
感じるのはわたしだけ?(笑)










ソフトフィルターを使って「ふんわりかわいく」桜を撮ろう。メジロも撮ろう。
そんなお話をしてみようと思います。


実はソフトフィルターといってもそのラインナップは11種類もあるんです。
その中でも効果の弱いAタイプ・強いBタイプもあるから正直迷うし、どれを買ったらいいのか
まずはわからないですよね。

CP+でブースにいらしてくださったお客様からこんなお話を伺いました。
『風景を撮るのにソフトフィルターを使ってみたくてお店に向かった。
店員さんに「効果のよくわかるものがいいですか?」と聞かれたので
「はい」と答えたらプロソフトンBを薦められて、よくわからないけど買ってみたということでした。

私。「それで、お使いになられてどうでしたか?」と聞くと
「悪くはないけどぼけすぎの気がする」とのことでした。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウンなるほど。
そんな印象です。


お店の店員さんの「効果の強いもの」⇒Bタイプ推奨
ここは悪くはないけれど、やはりそれだけでおすすめするには情報があまりにも少ないと思うのですよね。


被写体は何か。
どんな機材で撮るか。
撮りたい雰囲気はどんなものなのか。
時間帯は?光の様子は?
なんてなんていいだしたら・・・
「あーーもう!!!めんどくさいからもういい!!!」ってなってしまいますか?

ぜひぜひソフトフィルターのふんわり感を作例を通してかんじていただき
貴方にとってのベストソフトフィルターを選んでいただきたいとおもいます。



ではでは。まずは多摩川の土手にじゃーーんぷ。
ちょっと前の河津桜の咲くころにタイムスリップからはじめましょう。







まずは「フィルターなし」の桜から

c0365350_23060254.jpg

これを少しlightroomで調整してみます。

c0365350_23162533.jpg


桜の木にいたメジロは

c0365350_23225326.jpg

こんな感じにトリミングと調整を加えます

c0365350_23233123.jpg

お菓子の「ひよこ」みたいだなーと(・∀・)ニヤニヤ











それではフィルターワークより。
今回はまずラインナップの中でも効果の弱いランキング第一位のぉぉぉぉ・・・
c0365350_22191129.jpg

なんか(笑)
「やたらでかいタイヤじゃね?」とかおもいました?
(・∀・)ニヤニヤ
#画像サイズ小さくできないくてごめんなさい。
#デュートには同心円状の切込みがあってそれをどうしても表現したかった。

正確には…


特徴としては
①最もソフト度が弱い
②中望遠レンズのポートレートに最適
③広角レンズや絞り込んでの撮影には向かない
とありますね。

これ、私的には非常につっこみいれたくなります。
②⇒花や風景はどうなの?ポートレートはよくて他は何がどうなの?
③⇒広角レンズとか絞りを絞り込むとどうなっちゃうの?
とか知りたいですよね。

なので、このあたりの疑問点も作例を交えながらおいおいみていきたいとおもいます。
とりあえず今回は桜の花を70-200ミリのレンズで追いかけていきます。カメラはフルサイズ。絞りは基本F2.8開放です。




「デュート」
c0365350_00193635.jpg
デュートをlightroom調整
c0365350_00200189.jpg
c0365350_00220554.jpg
c0365350_00232443.jpg
「デュート」撮影
c0365350_00241888.jpg
露出プラス補正
c0365350_00265826.jpg
lightroom調整
c0365350_00271672.jpg
デュート撮影
c0365350_00304576.jpg
露出補正
c0365350_00312156.jpg
lightroom調整
c0365350_00312829.jpg
デュート撮影
c0365350_00344216.jpg
露出プラス補正
c0365350_00345222.jpg
lightroom調整
c0365350_00345950.jpg



以上が「デュート」を使用した作例です。

①やはり光によって表情はいろいろ変わってきます。常に同じというものでもない。
②ソフトフィルター全般にいえるのは補正を+1ぐらいにすると「ふんわり感」が増す印象です。
③効果が最も弱いというデュートですが70-200㎜の花撮影にも十分ふんわり効果を加えることができるとおもいます。
④メジロに関してはどう思われるでしょうか。次回のプロソフトンAの作例と比較をすると違いがわかるとおもいますので「メジロ考察」は次回にまとめて。



次回②プロソフトンA編おまちくださいね♡




☆ソフトフィルターにご興味ある方。
すでにお使いでいらっしゃる方からのコメントお待ちしております。
いろいろな意見交換の場になれば幸いです
どうぞお気軽に!

















[PR]
# by nahoneige | 2017-03-04 01:07 | ソフトフィルター | Comments(0)

CP+「ソフト・クロスフィルタ-の鉄人」!!!

先日まで開催されていたCP+に「ソフトフィルター・クロスフィルタ-の鉄人」として参加させていただく機会を
頂きました。自分でも超驚きのビッグイベント参加!

かなりハードでありましたが、とてもいい学びの場になりました。
お立ち寄りくださいました皆様どうもありがとうございました。

今回自分なりに撮影・考察・まとめてみた「フィルター考」。
ソフト・クロスフィルターの学びをまずは通しながら、撮るということを深めていく場に
していこうとおもいます。


c0365350_23211100.jpg



心機一転。
タイトルも変えちゃいました(笑)




☆☆次回は桜のシーズン到来前に。ソフトフィルターで桜を撮ろう。「デュート編」です^^











[PR]
# by nahoneige | 2017-03-02 23:03 | MYSELF | Comments(0)

メリークリスマス

c0365350_23495031.jpg



もう残り時間わずかのメリークリスマス🌲
この一年色んなことが沢山ありました。
来年もあったかな気持ちでみんなを。
色んなことを大切にしていけたらなとおもうのでした。


とりあえず大掃除がんばる017.gif
ファイト!


[PR]
# by nahoneige | 2016-12-25 23:42 | DIARY | Comments(2)