わたしらしさ~撮影の現場から~

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

酒を酌み交わす

c0365350_16412493.jpg


2015.june.13


老神温泉の地に一族が集まった。
父の父。私にとっての祖父の50回忌の法要に
どうしてもみんなを集めたいと父は願った。
集まった人々もいつのまにかの高齢化。

私の記憶の中では今の私の年齢が父たちの世代であるはずなのに
まるで浦島太郎の玉手箱の向こう側に来てしまったように、
父たちは4分の3世紀を生き抜く人々。…私は?(…いいじゃないの。内緒)と
自分の実年齢をサバ読むのが当然な歳周りの女になっていた。

それでもその輪の中ではいつまでも私は子どもでいるようで、なんだか
気恥ずかしくもあり嬉しくもありそんな時間が流れていた。

迷カメラマンのワタシに翌日から連日父の電話が鳴り響く。
写真はいつだ攻撃キター(笑)
ほんと気が短くてせっかちな父に私は苦笑い。
それでもまあ。お決まりの集合写真も何とか形におさまり
投函してお役目終了。
あしたには父からどんなお言葉が来ることやら。
たぶん、「おまえはやっぱり「迷」だな(笑)」といわれるか。




「ここに。たしかに。みんなで。時を過ごしたよね。楽しかったよね。」
時を超えて心の中に集うことができる。
写真にはそんな意味があるなと感じる。


時は戻すこともは送りすることもできないね。




















[PR]
by nahoneige | 2015-06-17 17:08 | IMAGE | Comments(4)

カノジョとの時間

c0365350_13421494.jpg

2015.june 12


梅雨入り前に蕾を付けた睡蓮の花がようやく咲いた。
今年初めてのカノジョ。
外は雨だったけれど、カノジョにとって水は親友?
かけがえのない存在?雨が嫌いなわけがない。
この夏の私はどんな風にこの睡蓮との時間を過ごすのだろうか。


カノジョとの時間がはじまった。








[PR]
by nahoneige | 2015-06-12 13:56 | WITH | Comments(4)

ジブンと向き合う

c0365350_09210339.jpg
2015 june

この間写真のイベント「PHOTONEXT」に出かけた。
スタジオ写真メインのイベントで私は右往左往(笑)
とあるカメラマンが自分の撮った作品がとっても好きだ
という。惚れこんでいるのが痛いほど伝わってきた。
写真は自分が前面に出るのではなく
「あなたのことをもっと知りたい」という作業だとも。

わたしはどうだろう。
そこに撮った時の時間とか想いとかがあるから、
できるだけ写真をそのまま残しておきたいとは思うけれど。
好きか惚れているかと言ったらなんだかなとおもう。


写真って自分と向き合うことなのかなと思うかな。
あなたにとって写真はなんですか?








[PR]
by nahoneige | 2015-06-10 09:32 | IMAGE | Comments(4)

光の扉

c0365350_18083734.jpg


2015.june.6



雨上がりの朝は独特の質感がある。
艶めかしいというか、なんというか。
いきなりの晴天ではなく、雲の切れ間から時折光の扉が
開かれる。明るさだけではなく温度間までが一瞬に
当たりの景色を変えるのを感じる。
そんな輝きの瞬間が好きだなあと雫の中のトマトたちに
声をかけてみる。


でもこの写真はその瞬間じゃないのがなぁ(笑)






[PR]
by nahoneige | 2015-06-06 18:15 | DIARY | Comments(2)

視線のその先 2

c0365350_17264416.jpg
c0365350_17281614.jpg
c0365350_17393082.jpg
c0365350_17403183.jpg
 2015.6.4 朝


玄関脇の花壇にパセリが花を咲かせている。ふわふわとしていてマクロレンズで撮ろうとレンズを向けた先にいたのは小さなカマキリだった。
まだほんとに子供のカマキリではあったけどその姿はまさに小さくてもハンターだった。何も知らずにパセリの花の蜜に誘われてやってくる蟻。
カマキリの視線の向こう側。
ルンルンとくる蟻。
ランランとする蟷螂。
みつめる視線は標的に向かい確かに色が変わった。


捕獲
捕食
満足気な表情は小さい王様にみえた。

と、その時!
一転。追うものは追われるものに!

視線のその先に「いるもの」になる。


摂理とか。
無情とか。
[PR]
by nahoneige | 2015-06-04 17:46 | Comments(2)

視線のその先

c0365350_10544041.jpg

2015.6.2


猫は一点を見ていた。見つめていた。
そのまなざしの先はわたしの背後。空にむかう上の方だった。
囀り。

カノジョは時折その表情を変えた。
じっと見つめているとまるで感情を持つおなじ生命体。
猫とか人とかではなくって。


空はどんなところ?
おまえはおいしいの?((笑)



カノジョのこころはどんな色を
映していたのだろう。









[PR]
by nahoneige | 2015-06-02 11:00 | DIARY | Comments(2)

追いかける夏

c0365350_23211218.jpg



2015.5.31 多摩川

スマホにて。
暑い日が続いている。土手では
野球の試合をする少年たちは砂埃をたてて
目一杯の汗と力を振り絞る。
暑いね!熱いよ!がんばれよ!
心の中でエールを送りながらわたしは歩く速さを速め、ゴール設定した行きつけの寿司屋のカウンターで呑む冷えたビールを追いかけた。


少年たちは額に汗。
わたしはビールグラスの汗。
あ、わたしも汗だった💦









[PR]
by nahoneige | 2015-06-01 23:02 | Comments(2)